日本語文字化け(UTF-8)

[サーバの実験室 Redhat/Fedora]

作成 : 2004/06/06

"サーバの実験室"の検索


Fedora Core2の日本語文字コード

Fedoraでは標準の日本語文字コードがUTF-8になった(RedHatの日本語はEUCだった)ため、konとかTeraTermとかで日本語を表示しようとすると文字化けする。 文字コードを確認するには、以下のようにする。

# echo $LANG
ja_JP.UTF-8    <---UTF-8になっている

対策1:日本語を使わない

日本語を使用しなければ、文字化けしない(当然)。 ロケールは、/etc/sysconfig/i18nファイルで指定する。

/etc/sysconfig/i18n

#LANG="ja_JP.UTF-8"    <---コメントアウト
LANG="en_US.UTF-8"    <---ロケールをen_US.UTF-8に
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en:ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

この設定は、次回ログインしたときに有効になる。 すぐに設定を変更したい場合は、exportで環境変数を書き換える。(bashの場合)

# export LANG=en_US.UTF-8

日本語を使わない設定にすると、GNOMEなどのデスクトップ環境もすべて英語表示になる。

対策2:日本語EUCを使う

konやTeraTermが対応している、日本語EUCを使用する。 ロケールは、/etc/sysconfig/i18nファイルで指定する。

/etc/sysconfig/i18n

#LANG="ja_JP.UTF-8"    <---コメントアウト
LANG="ja_JP.eucJP"    <---ロケールをja_JP.eucJPに
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en:ja_JP.UTF-8:ja_JP.eucJP:ja_JP:ja"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

この設定は、次回ログインしたときに有効になる。 すぐに設定を変更したい場合は、exportで環境変数を書き換える。(bashの場合)

# export LANG=ja_JP.eucJP

これだけだと、日本語Manpage(UTF-8で書かれている)が文字化けする。 /etc/man.configで、ページャ(ビュワー)をlessからマルチリンガル対応のlvに変更する。

/etc/man.config

#PAGER           /usr/bin/less -is    <---コメントアウト
PAGER          /usr/bin/lv    <---ページャをlvに

[サーバの実験室 Redhat/Fedora]